LINEの送信取消は本当に必要なのか

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

今日は友人たちと食堂でトランプしたりして楽しく過ごしていました。留学している友人から「友達ができない」というLINEを受けていたこともあり、大学で友人ができてよかったなあとしみじみ感じていました。

 

 

 

本題

 

どうしてLINEの送信取消なんかに言及するのかというと、僕が悲しい思いをしたからですね。

 

まず、LINEの送信取消とは2017年12月中旬のアップデートで実装された機能です。それまではトークから消去しても自分のメッセージだけ消されて、送られた相手のメッセージは消えない仕様でした。それが24時間以内という条件つきで相手側のメッセージも消去できるようになりました。

 

 

 

で、何が悲しかったのかと言いますと、バイト前に女の子からLINEで遊びの誘いが来てたんですよ。でも、通知で確認してからすぐにバイトに行かなければいけなかったので、あとで返信しようと未読スルーしておきました。

 

もうオチが分かったと思いますけど続けます。

 

その後は、最低賃金が上がったおかげで時給上がったなあとか、カップル多い気がするけど中秋の名月と因果関係はあるのかなあとか、社員邪魔だなはよ帰れとか考えながらバイトをしてました。

 

そしてバイトが終わったスマホを見ると女の子からのメッセージが消えていたんですね。

 

 

f:id:black-star0609:20180924232818j:image

 

 

 

 

まあ、そんな感じです......

深読み属性も持ち合わせる確定陰キャとしては色々な仮説を立てましたが何もかも無意味なので割愛します。

 

送信取消がなければこんな風に何もかも無かったことにならなくても済んだのでしょうか。

 

ひと昔前の僕ならメンヘラ拗らせてTwitterでキモくなっていたと思いますが、今の僕にはブログがあります。大人になりました。

こうしてリア友との適切な人間関係を壊すことなくガス抜きを行う。

もうこれ陽キャに近づいちゃってるんじゃないですかねwwww

 

 

はい、陰キャです。

 

ではまた明日。