何もできないことにばかり目を向ける毎日

【スポンサーリンク】

どうも確定隠キャです。

昨日、ブログを書かなかったらまっしーから「ブログから逃げるな」とLINEが来ました。楽しみにしてもらってるみたいなのはありがたいですが、これからはマイペースに書いていくことにしたので、毎日は書かないと思います。

今日は更新されるのかと何度もこのブログを開くのは、そんな人がいるかは置いておいて、めんどうだと思うので、ちょっと前に作ったTwitterを貼っておきます。

 

確定陰キャ (@kakutei_inkya) on Twitter

 

フォローもフォロワーも0なのに毎日呟く恐怖のアカウントになってます。

大学の人に確定隠キャがバレるのも、ブログの方に個人情報が繋がることも嫌なのでフォローはせず、検索履歴とかで見てくださいね。

もし、知り合いでもないのにこのブログを読んでくださってる方がいましたら、勇気を出してフォローしてみてください。

 

昨日の話

昨日はサークルと企業の人で焼肉に行ったんですけど、焼肉屋の入り口で僕の研究室の指導教員の先生と研究員の人とばったり出会いました。その時は別れてサークルの焼肉に参加してたんですが、しばらくするとそこに先生が現れて、そこにされたんですね。僕が入ってるサークルですから、もちろん隠キャの集まりなので、そんな急に来た人と話すことはほとんどの人ができなさそうな感じだったのですが、そこは先生がゴリゴリに話しかけてました。そこそこ引かれてたとは思いますが、話を途切れさせず前の席の1年の女の子とかを笑わせて盛り上げてたのは、素直に凄いと思いました。正直、僕は初対面の女子にコミュ障全開だったので、めっちゃ助かりました。

焼肉が食べ終わると先生は企業の女の人を二次会に誘ってましたが、本人も拒否してましたし、周りのサークルの男子達も頑張って止めたので、僕と2人で焼き鳥屋という結果になりました。

先生は焼き鳥屋でもすぐにカウンターの隣の人とすぐ話してました。

焼き鳥を食べながら先生と話してたのですが、先生が「今ここで何かをしたり、これからどんなことをしても、遺伝子は変わらないんだ。不思議だとは思わないか?」と言われました。確かに不思議だと思うと同時に、まっしーの指導教員が言っていた「ヒトは遺伝子の箱であり、遺伝子という情報を伝えるものでしかない」(曖昧)という言葉を思い出しました。

生物系の研究者というのは皆、遺伝子という浪漫を追い求めているのでしょうか。

それから先生は彼女のいない僕に対して、「雄なんだから遺伝子残さないと!」と言われました。確かになと思いましたが、僕は1人の女性と数人の子供が残せればいいですかね。

その後はラーメン屋でラーメンを食べて解散しました。お腹がいっぱいだったので、先生がトイレに行っている間に半ラーメンにしておきました。

 

以上が昨日の話になります。

 

先生とは飲んで話したいと思っていましたから、棚ぼたで飲めてよかったんですけど、流石にいきなりサシ飲みはビビりますね。

いい経験になりました。

 

昨日が濃い1日になったので今日が日曜日なんじゃないかって気に何回もなってますけど、まだ明日も休みなんですよね。

得した気分です。

 

 

今日の話

だいぶ長くなって来たので手短に書きたいですね。

今日は豆腐と電気泳動しました。

泳動を教えてやるぜ!って感じで意気揚々と実験を始めたんですけど、余裕が全くなくて全然教えれなかったです。すまん、豆腐。

院生の人が僕に軽々と教えてくれたのは凄いことだったのだと実感しました......

 

それから、まっしーが今日、学会に行っていることを思い出して考えてたんですけど、やはり早くに院進を決めることで、勉強や実験がよりできるようになるのではないかと思いました。当たり前ですけど。僕みたいに院進するけどどうしよーって言ってると、その間に差がついていくんですね。僕はこんな感じでいつもスタートダッシュができてないので、ここは変えていかないといけないところだと思いましたね。といいつつまた変わらないのかもしれませんが。

 

 

おわりに

だいぶ長くなりましたが、以上にしたいと思います。飲んでる時の話をどこまで書いていいかはわかりませんが、印象に残ってるところだけ書いておきました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

ではまた。

スポンサーリンク