【スポンサーリンク】

「良いお年を」という挨拶を疑問に思う

どうも確定陰キャです。

今日は大学行って、ジム行って、ポケモンGOをして、バイトしてきました。

 

数日前にダイエットする的なことを書いたので、年内最後のジムに行って、体重測って筋トレして泳いできました。

結果としては、一応1 kg程減ったんですけど、体脂肪率は増えてたので、筋肉が落ちたのかなと思います。

とりあえず簡単に痩せれないし、誘惑に負けがちということがわかったので次に活かしましょう。

次のダイエットは期末試験の終わった2月から長期スパンでやることを考えてます。夏に腹筋を割りたいですね.......

誰に見せる訳でもないですが......

 

 

そのあとはポケモンGOのEXレイドをしに近くの公園に行きました。選ばれた人しかできないですし、ただの公園なので人がいないかと思ったら普通にいました。車で来てる人とか普通にいました。

いっぱいいるからすぐ勝てるなと高を括るっていたら、3人しかいない部屋に入っちゃって終わったと思ったら余裕で勝てました。

 

そしてゲットしたのは、デオキシス(アタックフォルム)です!

f:id:black-star0609:20181229233126j:image

 

捕まえれたのも嬉しいんですけど、このデオキシスなんと!個体値が攻撃14防御15HP15でほぼ完璧なんですね。

強いかはわかりませんが捕まえに行って良かったです。

 

 

本題?

もう年末ですからね。年内に会わない人には「良いお年を」と言って別れることが多いでしょう。実際今日、帰省していくまっしーと「良いお年を」と言って別れました。

言った後に、そういえばどうして今年が残り僅かで数日しかないのに「良いお年を」というのかを疑問に思いました。

そしてこの疑問を中学生くらいにも思ったことを思い出しました。8年越しに疑問を解決していきます。

 

調べたところ、「良いお年を」というのは「良いお年をお迎えください」の省略であることがわかりました。

この時点で僕が勘違いしていたことが判明しましたね。僕は「良いお年をお過ごしください」という感じで今年に焦点を当てていた訳ですが、正しい意味では来年に焦点が当たっている訳ですね。

 

とまあ、調べてみたら単純でしたね。

 

 

ではまた。