小学生にめっちゃウケた話

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

朝7時に起きて、二度寝して11時くらいに起きました。そこから研究室行ったらいつのまにか6時くらいになっていて、ジムに行きました。

春休み溶けてます。

 

最近は自動で流れるトイレが増えてますよね。立ち上がったら勝手に流れるやつです。前に座っているのに何回か流された話もしたと思います。きっとそのうち全てのトイレが自動で流れるようになるのかもしれません。

そう思った時、僕の中で1つの疑問が生まれました。

 

全てのトイレが自動で流れるようになったら検便できなくね?

 

僕のバイト先では検便をしなきゃいけないのでしてるんですけど、もし全てのトイレが自動で流れるようになったら、便に検便用の棒みたいなやつを刺す前に流れ去ってしまうのではないか、と思ったわけですね。なんなら座ってる時に流してきますからね、あいつらは。

思いつく解決策は、

  1. 座ったまま刺す
  2. 肛門から出てる間に刺す
  3. センサーの電源を落とす

くらいですかね。

しかし、検便の袋に直接はダメと書いてあるので、2はしてはいけません。

 

まあ、全てが自動化することはないかもしれませんが、検便のためにトイレを選ばなければいけない時代が来るかもしれません。

来たら僕のことは「陰の預言者」とでも呼んでください。

 

ちなみにタイトルの話はこれではなくて、光の速さで肛門からうんこを出したら街一個吹っ飛ぶよ、という話です。小学生はうんこ好きですからね。

 

今日は書くことがなかったので、こんな話になりました。

ではまた。