倍率0.6

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

今日は院試を受けてきました。

 

朝にちゃんと起きれるか不安でしたけど、クーラーをタイマーで切ったら暑すぎて6時に目が覚めました。ちゃんと起きるために目覚まし時計を下宿先から持って行きましたが、必要なかったですね。因みに帰省のたびに持ち帰ってます。

 

そこから準備して、試験会場に向かいました。

めちゃくちゃ暑かったです。名古屋なんかジメッとしてるんですよね。八戸亀ちゃんでネタになるわけですよ。

大学にはもう何度も行ってるので、余裕で着きました。途中で東進の人が「必勝」と書かれた団扇を配ってました。大学で模試でもあったのでしょうか。僕の目の前にも団扇を出してきましたが、毅然とした態度で拒否しました。「必勝」って書かれてるし受け取ればよかったとちょっと後悔しました。

 

部屋に着くと20分前ですが、そこそこ人がいました。席に着き、汗を引かせようとしていると、あることに気がつきました。

 

そう!受験番号が12番までしかない!

 

 

勝った!

 

 

これもう行けるでしょ!定員割れしてますよ!

興奮する気持ちを抑えながら、「推薦とか合わせたら定員超えてるかもしれないし、やばい奴は関係なく落ちる」と自分に言い聞かせました。

 

筆記は難しかったです。エッセンシャル細胞生物学だけじゃ全然足りません。あんま書けなかった。やばい。

今年から英語の試験がなくなってTOEICになったので、英語はもういらんやろ!と思っていましたが、生命科学の方で英語で穴埋めさせてきました。語群が用意されてましたけど、されてないのもあったので、スペルがちゃんと書けてるかよくわかりません。

去年の過去問は割と基本ばかりだったのに、一昨年以前と同じような難しさでした。去年から作成者が変わったのだろうと調子に乗ってたら打ち落とされました。

 

筆記、やばい。

 

しかし、受験人数が少ないので、僕のメンタルは少しのダメージも受けずに面接に迎えました。

 

面接は1人ずつ控え室から呼び出されて3人の面接官を相手にする方式でした。

僕は控え室でギリギリまで志望動機で何を答えるかを考えてました。結局、昨日に考えれませんでした。

とりあえず、面接を受けると思うととても緊張しますので、心の中で「面接官を笑わせる」というテーマを掲げました。難易度が上がった気がしますが、少しでも穏やか雰囲気にして緊張を和らげようという作戦です。

 

呼ばれて部屋に入るとおっさんが3人いました。怖い顔の人はいなかったので一安心です。

席に座る前に名前を聞かれたところで少しフリーズしました。思考が止まりましたが、なんとか脳が処理して答えることができました。

席に座ると、真ん中の人が志望動機を聞いてきたので、控え室で考えたことをちゃんと答えれました。

真ん中の人の質問が終わって、左の人が質問してきたんですけど、めちゃくちゃ滑舌が悪かったです。ここが院試最大のピンチになります。聞き取りに全神経を集中させました。よく聞けばギリギリ推測できるぐらいだったので、気合いで乗り切れて良かったです。

そのあとは右の人の質問を終えて、面接は終了しました。

時間は5分くらいでした。

 

ちなみにテーマとして掲げていた面接官を笑わせるは割と序盤で達成して、心の中でガッツポーズしてました。

 

今思い出すと、声ちっちゃくてボソボソ喋ってたかもなあと思いますし、名前がパッと答えられませんでしたが、割と上手くできた方だと思います。

 

とりあえず終わったことを喜びましょう。

 

その後は焼肉食べました。

 

f:id:black-star0609:20190806214337j:image

 

割といいところだったので、結構お金が飛んでいきました。たまにはいいですよね。

 

 

下宿先に戻るまではブログの更新は適当にします。

ではまた。