陽キャになるぞ!!

大学院生の殺伐だけどウキウキライフ。

限りなく広がる真っ白な明日に何を描く

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

お久しぶりになるんでしょうか。

 

最近は大学でガイダンスに出たり、研究室に顔を出したりしてました。

別にブログが書けないほど忙しかった訳ではなかったですが、将来どうするかとか大学院でやっていけるかとか、研究室でやっていけるかとか色々な不安でメンがヘラってたので書いてませんでした。今も不安。

 

現在、大学で孤独です。

研究室の人とはどう接していいかわかりません。同期もいないので、身近な立場の喋れる人がいません。1つ上の修士の先輩は2人いますが、研究室ではベラベラと雑談できる雰囲気ではないので、あまり喋ったりはしてません。色々聞きたいのに聞きづらい。

他の研究室の同期と仲良くできればよかったのですが、コロナのせいで集まりが少なく、未だに一回しか集まってません。授業でも集まらないので、もう会うこともないでしょう......

一応、ガイダンスで1人だけ頑張って話しかけて、LINEだけ交換しました。

 

ガイダンスの日、頑張りました。

流石に1人くらい友達を作らないとと思っていましたが、ガイダンスが終わった後でも教室は話せる雰囲気ではなく、僕は帰るしかないかなと思い、校舎を出ました。

でも、コロナで授業も無いのにここで友達を作らないと終わると思い立ち止まりました。しかし、みんなの顔を覚えている訳でも無いので、この状態から修士の同期を見つけるのは至難の技でほぼ不可能だと思いました。

「俺の大学院生活、終わったかな......」と思いながら、校舎の出入口をうろうろしながらスマホをいじってキョロキョロするやばい人になってました。

その後、変わった柄の服を着てる人をたまたま覚えていて、その人が通ったところを後ろから話しかけて連絡先をかっさらいました。

めっちゃ躊躇ったけど今しかないと思ったからやった。

ただその人は違うキャンパスの研究室だったから、僕はまだ孤独なのだ。

 

慣れるまでしんどい。

 

終わりに

あつ森を注文したけど、全然来ない。

ではまた。