陽キャになるぞ!!

大学院生の殺伐だけどウキウキライフ。

『鬼滅の刃』最終話を読みました

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

今日は家にいました。

 

今晩から24時間テレビが始まっていますね。小学生くらいの時はこれがやっていると、もう夏休みが終わるなあって気持ちになっていました。
24時間テレビといえばチャリティーマラソンなんですけど、中学生の時にこのマラソンの途中で車に乗ったりしているという情報(真実はわかりませんが......)を知って、サンタさんが存在しなかった以上の驚きがあったことを覚えています。

 

『鬼滅の刃』の最終話を読みました

僕はジャンプを3か月遅れくらいで読んでいるのですが、今日、『鬼滅の刃』の連載が終了しました。

 

素晴らしい作品でしたね。変に引き延ばしとかされなくてよかったです。生き残った鬼とかでスピンオフとかできそうですけど。

 

最終話で時代が現代になるって話は聞いていたんですけど、せいぜい2, 3ページくらいかなと思っていたら、1話まるまるでびっくりしました。
最初にCカラー見たときは、制服姿の主人公たちに似たキャラが描かれていて、正直、違和感ありまくりで、蛇足なんじゃないかとドキドキしながら読み進めました。

 

これは必要な最終話でした......ごめんなさい......

 

炭治郎たちが勝ち取った平和な世界で、それぞれのキャラが鬼のいない戦いのない世界でのもしものような生活を現代でしていて、幸せにあふれていました......

愈史郎が珠世さんを絵で描き続け、生きてているのも、炭治郎の言葉があったからでしょうね。

 

人気漫画ほど最終回が難しくなると思いますが、『鬼滅の刃』は想像以上の最終回を読ませてくれました。ありがとう......

 

吾峠先生の次回作にご期待してます......

 

 

終わりに

youtubeのチャンネル登録者数が1減りました。

悲しい......

割合でいえば20%減です......

ではまた。