うんこを漏らすことは恥ずべきことではない

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

2限の授業が休講だったのにアニメを見て、食堂で誰かとご飯食べようと思ったらみんな忙しいようで誰も来てくれませんでした。その後はだらだらと論文発表のパワポを作り、バイトに行って、友達の家で書いてます。

鼻水出てきたりして体調が崩れかけてるので今日は早く寝ます。

 

 

今日、Twitterでこんな呟きを見つけました。

 

Twitter

 

リンクが上手く埋め込まなかったので、かっこ悪いですが見てみてください。

 

僕もこれでうんこを漏らしたことがあります。たぶん中学生ぐらいの時ですかね。結構でかいのにやっちまいましたね。

漏らす前日にフルグラ二杯を牛乳で食べ、ヨーグルトも食べたら、次の日お腹の中で発酵してました。個室の外の人がざわざわするくらいに臭いがやばかったです。

漏らした日が水泳の大会の日だったのでかなりピンチでしたが、普通に友達にズボンとか借りてレースも出て乗り切りました。

 

 

Twitterの漫画にあるように、トイレの前でズボンを下ろす時が1番の危険だと僕もずっと思ってましたので記事にすることにしました。

 

浪人中も一回漏らしそうな時がありましたね。

予備校に朝早く着きすぎて開いてなかったので外で待っていたのですが、そこで腹痛がきました。予備校の前で立ったりしゃがんだりを繰り返しながら漏らすのを覚悟しましたね。暑いわけでもないのに汗が吹き出してきました。鞄の中のビニール袋をズボンに突っ込んでその中で出せばいいんじゃないかとか思ったりして、完全にやばい人の思考でした。

本当に漏らしそうな時は出すつもりないのにプスプスとおならが先に漏れてくるんですよね。

そんな感じでくねくねしながら待っていると予備校が開いたので、ふとした拍子に漏らさないよう気をつけながらトイレに駆け込みました。

待っている間にトイレまでのシュミレーションをしていたのでかなりスムーズな移動だったと自負してます。

便座の前に立った時は前回の教訓を生かし、全力で肛門に力を込めなんとか耐えきりましたね。

達成感が半端なかったです。

これは人生の中で5本の指に入るピンチだったと思います。

 

 

うんこを漏らしそうなときは便座の前に立ってズボンを下ろす時に1番気合を入れること。

それがあなたがこの記事から得るべき教訓です。

 

またこの記事を読んで、うんこを漏らしてしまった人の励ましに少しでもなればいいなと思います。

 

 

 

なんか汚い記事になってしまいましたね。

 

ではまた明日。

 

スポンサーリンク