【スポンサーリンク】

原点を思い出せ

 どうも確定陰キャです。

友人の家でコーヒーを入れてもらい、飲みながら書いています。

 

 毎週火曜は研究室のゼミがあるんですが寝ちゃいました。てへっ!

ゼミの時に先生は発表される論文を持ってこないので、いつも机をトントンしながら見せてと言ってくるのですが、今回は寝てたので見せれませんでした。てへっ!

 

 

今日も論文を読み進めなければいけないのですが、モチベーションがまったく上がりません。もう限界です。

 

そんな私のためにこんな名言を紹介したいと思います。

 

 

「限界だーって感じたら思い出せ

 何のために拳を握るのか

 原点オリジンってやつさ!

 そいつがお前を限界の少し先まで連れてってくれる!」

(僕のヒーローアカデミア11巻より引用)

 

 

僕のヒーローアカデミア』という漫画でのセリフです。ぜひ漫画を読んでどのような状況でのセリフなのかを確認してもらいたいところですが、めんどい人のために簡単に説明すると、平和の象徴、No.1ヒーローであるオールマイトが因縁の黒幕とボロボロになりながら戦っているシーンで、オールマイトが心の中で師匠の言葉を思い出しているところです。

 

何かをするには一朝一夕では上手くいかず、継続的な努力は何にせよ必要になってくると思います。しかし、失敗なんかが続けば疲弊し、どうしてもモチベーションは下がってしまいます。そんな時に自分の原点オリジン)、、つまりどうして努力しているのかということを確認して、再び心に火を灯そうということです。

 

 

しかし、僕も含めて大概の人はそんなに大層な理由で動いていないと思うんですよ。ヒロアカの主人公である出久が「最高のヒーローになる」と思っていたり、ジョジョのジョルノのように「ギャングスターになる」みたいな原点はないわけです。

 

そんな人は何でモチベーションを上げればいいのか。

 

もっと日常的な嬉しかったこととかを思い出せばいいのです。

例えば僕の場合、小学生の卒業式で女の子にかっこいいと言ってもらえたこととかですかね。お世辞だとは思いますが嬉しかったのを覚えています。小学生の頃なんかではなく、もっと最近のことでもいいと思ったのですが、このことに結構助けられたりもしたので例はこれにしました。

 

もしかしてキモい......?

大丈夫ですよね?

 

まあ、話を戻すとそんな大層なことじゃなくても、ちょっと嬉しかったことなんかを心の支えにして頑張ろうってことです。

 

というわけで、論文読みます!

ここまで読んでいただきありがとうございました!