【スポンサーリンク】

怠惰な社会不適合者は焦りとともにバイトへ向かう

どうも確定陰キャです。

今日は昼の12時に起きました。

理由は明確で、昨日夜中の3時まで卒業生へのメッセージをだらだらと書いていたからですね。とにかく昨日の内に終わらせたかったのです。ちゃんと終わりました。

そのあとは大学に行って、YouTube見ながらご飯食べてたらいつのまにかバイトの時間になってました。

 

努力していない人間なので、もう何々を頑張るとかは言えません。

 

 

 

昨日、就活しているんごーから色々と話を聞きました。主にグループディスカッションについて話しましたかね。

んごーはグルディス楽しいと言ってましたが、話を聞いてみると案の定、僕は苦手そうだなという印象を受けました。

まず、人と話すのが苦手ですしね。その場で会った人と話し合えというのがしんどい。

それから、就活におけるグルディスは時間が決まっていて、リーダー的なものになった人が着地点を意識しながら話し合いを進めていくのがセオリーです。そのため、突拍子も無い意見は場を乱すためよく無いですし、着地点を決めて話すなら話し合いの意味がないじゃないかとか思ってしまうわけです。

昨日は、そういうこと考えるから社会不適合者なんだろうなあと思っていましたが、今日少し考えた結果、結論がでました。

 

グルディスは話し合いではないのです。

 

ただ話し合いという形式を取っているというだけで、企業の人は話し合わせたいわけではないから着地点を決めておくのは別にいいんですよ。ただ円滑に進めていけばいいんです。

それがわからない不適合者があぶり出されるんですね。

 

そう考えると就活も、人と話すのが苦手とかは置いておいて、捻くれた考えとか持たずに傾向と対策をしていけばこんな僕でもできるのではないかと思い始めてきました。

でもだいたいこういう自信は実力のない者が無知故に持つものですから、また就活始めたら始めたで現実を知って自信なくして祈られまくるのでしょう。

そこからがきっとスタートですね。

 

ではまた。