陽キャになるぞ!!

大学院生の殺伐だけどウキウキライフ。

ーおすすめ記事ー

いつしかズンズン増してくプレッシャー

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

今年ももう終わりますね。ついこの間まで11月だった気がするんですけど、いつの間にか12月も20日になろうとしています。

 

伯父からジムの無料券をもらったので泳いできました。久々の運動。ブログを読み返したところ、最後に泳いだのは2021年2月みたいなので、2年ぶりになりますね。そうか、俺は2年もニートをしているのか......

行くまでは泳ぎ方を忘れたんじゃないかと心配していましたが、50 mを50秒くらいでは泳げました。頑張ったら40秒くらいでした。できる限り元を取るつもりで50分2000 m弱を泳ぎました。無料だけどね。

ジムに行ったついでに体重を測りましたが、78.6 kgでした。1年前の姉の結婚披露宴では85 kgあったのでダイエットに成功していますね。正直、今は90 kgくらいあると思っていました。筋肉が落ちただけの可能性はあります。なんか脂肪が増えたからか、泳ぎながらめっちゃ脚が浮くのを感じたので。

もう少し運動しないとなあ。

 

いつしかズンズン増してくプレッシャー

ミラベルと魔法だらけの家を観ました。

 

 

観るのは2回目です。A2Kとかニジプロ2が始まる前は、彼女と映画を観ることが多かったのでその時に観ていましたね。その辺の映画の感想は書けていないので2回目観て書きたいですね......

 

魔法を授かった一家の中で唯一魔法の使えないミラベルが、魔法が消えてしまうという危機を察知してなんやかんや解決しようとする話です。

 

Amazonのあらすじ

「ズートピア」「モアナと伝説の海」のディズニーが贈るミュージカル・ファンタジー。 魔法の力に包まれた、不思議な家に暮らすマドリガル家。家族全員が家から与えられた“魔法のギフト(才能)”を持つ中で、少女ミラベルだけ何の魔法も使えなかった。ある日、彼女は家に大きな”亀裂”があることに気づく──それは世界から魔法の力が失われていく前兆だった。残された希望は、魔法のギフトを持たないミラベルただひとり。なぜ、彼女だけ魔法が使えないのか? そして、魔法だらけの家に隠された驚くべき秘密とは…?"

ミラベルと魔法だらけの家 (吹替版)

 

これも一応読みましたが、ミラベルが魔法を使えない理由と魔法だらけの家に隠された驚くべき秘密なんてなかったと思います。そもそも魔法自体が理由とか由来があるものではなくて、そういう魔法がある世界だと納得するしかないです。その辺が観ていて少しモヤモヤするポイントですね。

 

終盤までおばあちゃんが胸糞ですね。ミラベルに何もするなというし、村の中での地位を守ろうという保身が目につきます。最後は家族大事と気づきましたが、流石に最初から気づいてほしい。でもおばあちゃんにとって魔法は家族以上に村を守る力だったりするんですかね。

 

あと、好きなところはルイーサの曲ですかね。

 

open.spotify.com

 

歌っているの誰だろと調べたら、お笑い芸人の3時のヒロイン ゆめっちさんでした。全然気づきませんでした。思い出してみたら声優部分に不慣れな感じはあったけど、歌はよかったですね。

 

あんまりいいところを書けていないんですけど、時間を忘れるくらいには怒涛の展開が続いて、映像はディズニークオリティーなのでなかなか面白かったです。

5点中3.7点にしたいと思います。

 

ミラベルと言えばポリコレというイメージがついてしまっているのは本当によくないですよねー。観るハードルが上がってしまいます。まあ、観たことがない人は1回くらいは観ていい作品だとは思います。

 

 

終わりに

彼女がSwitchのアソビ大全で麻雀をやりたいと言ってきたので、初めての麻雀をしました。PGに麻雀始めないかと誘われましたし、僕自身ニート中にルールを覚えたいと思って1年以上経ってます。というか大学生になったらやりたいことリストにも入っていた気がします。でもやってなかった。

彼女もルールをほとんど知らない側でしたが、その辺はSwitchがいい感じにやってくれます。チーチーポンポンととりあえず鳴きまくってました。

麻雀自体は楽しかったですね。自分の役を見て捨てられる牌を見て自分の役を考えるのだと思いますが、そこまでは気が回りませんね。

 

f:id:black-star0609:20231219215314j:image

 

麻雀2日目の画像ですが、なんかすごい役に近い手札?なんじゃないかとスクショをしました。白いのが全部出ているのでたぶんダメなんですけど。

ルールとか覚えたいので、オススメのサイトとか動画があったら教えてください。

ではまた。