陽キャになるぞ!!

大学生の殺伐だけどウキウキライフ。

バイトにそこそこ落ちた話 前編

【スポンサーリンク】

どうも確定陰キャです。

今日は昼に起きて、アニメ見て、バイトしました。

昼夜逆転の生活から抜け出したい......

 

 

色々なバイトを受けました

 というわけで今回は、僕のバイト遍歴&面接を受けて落ちたところを紹介?していきたいと思います。

バイトなんて落ちることないよと言われて受けたいところを受けましたけど、思った以上に落ちて萎えました。普通は落ちないらしい。

大学の卒業とともに今のバイトもやめるので、これを機にちょっとまとめるか、といった次第ですね。

 

水泳のインストラクター

これは浪人中に していたバイトです。4月から8月くらいまでやってました。

「第一志望は、ゆずれない。」でお馴染みの駿台に通っていて、面談の時にポロっと「バイトしてるんですよねー」って言ったら普通に怒られました。予備校はバイト禁止ですよ。皆さんも気を付けてください。というか勉強しろ。

バイト自体は土曜の午前にプールに入って、幼稚園くらいの小さい子に泳ぎを教えてました。基本的にメインのコーチのそばにいてサブでお手伝いするみたいな感じでしたが、最後の方にはメインでも少し教えてましたね。

それから、なんで週1でもバイトできたのかというと、そこのスイミングが僕がずっとお世話になってたところだったからですね。「勉強の気分転換にどう?」と誘われて始めました。僕のメンタルが貧弱だったので心配されてたんだと思います。

あと、プールのインストラクターってどうだったのという話ですが、割と楽しかったです。1週間前に泣きながらプールに来ていた子が、次の週には平気で水中ジャンプをしていたりすると、子供の成長の早さに感動すら覚えました。それに比べて浪人中に全く自分の成長を感じていなかったので、そこはちょっと悲しかった。

 

派遣

ここからは大学生になってからですね。

僕の学科が忙しいともっぱらの噂だったので、自由にバイトの時間を決めれる派遣は割とベターな選択で、その上煩わしい人間関係もないだろうと思って始めましたが、大学生なのに出会いのないバイト先がベターなわけないだろ。子宮からやり直せ。

何回かシフトに入って働かないと給料が受け取れないので、結局大学1年の5月くらいから次の年の3月くらいまではしてたのかな。給料が受け取れるようになった瞬間にやめました。

業務内容はライブや舞台の設営だったり、倉庫の整理だったりですね。重い物を持つ肉体労働で、猛暑の中で働いたこともあります。当たり前だけどおっさんと自分と同じようなコミュ障そうな男子大学生しかいない。面接なしで誰でも働ける登録制だったからそれに合った人達が来たんでしょうね。

この辺りから既に選択肢を間違えてたなあ、うん。

まとめサイトとかに軽作業のバイトはやめとけって書いてあるのは正しい。

 

ボルダリング

派遣をやめて楽しくバイトをしたいと思い、色々なところの面接を受けました。

安定した収入を得つつ、ボルダリングという新しい趣味も始められるかも、ということでボルダリングのジムみたいなとこの面接を受けました。

あわよくばボルダリングをやってるような女の子と仲良くなれるのでは?!と淡く儚い期待もありましたが、面接で落ちたので関係ないですね。

初めてのバイトの採用面接で緊張したというのもあったとは思いますが、普通に受け答えはできていたはず。自信ないけど。

ちゃんと面接前には「カラダもってくれよ!!!3倍界王拳だっ!!!」って気持ちでコミュ力を爆発させたつもりだったのですが、それでも足りなかったようです......修行が足りませんでした......

まあ恐らくは週3で働くというのが向こうの希望と合わなかったのでしょう。

そういうことにしておきます。

 

ドトール

お洒落なカフェで働くというのは大学生っぽいですよね。ドトールがお洒落かは置いておいて。僕の判定ではお洒落です。

コーヒーの知識とかつけて美味しく入れられるようになったらいいなという思いもあって、受けることにしました。

面接の時にタダでコーヒー飲ませてくれたのは確定陰キャ的にポイント高いですね。

その後、面接はつつがなく終わりました。そしてかかってこない採用の電話。落ちました。

 

この辺りで「あれ?私バイト落ち過ぎ......」と気づき始めましたね。

 

終わりに

昼に起きて、ブログ書いて、バイトして1日が終わるような生活は流石にヤバイですね☆って感じで、更新頻度を落とそうかなあとも思いましたが、前後編に分けることで解決しました。

というわけで明日か明後日に後編書きます。

ではまた。

 

続きはこちら。